車 維持できない

車の年間維持費用が高い場合の対処方法

当サイトでは車の維持費が高いと考えている方、車を維持することで家計がかなり苦しい、自動車保険や自動車税、車検費用、駐車場の月料金、タイヤやエンジンオイルの交換費用が払えないという方に色々な対処方法をご紹介しています。

 

車の維持費、管理費が高くて車を手放そうか考えているのは貴方だけではないんですよ。車の維持費が高くて車を手放すという方は最近とても多くなっていますからね!

 

 

今、車を手放したら、だいたいいくらで売れるか調べる場合はコチラ

 

 

 

ここ数年で、自動車一台を維持するにもかなりの維持費用が必要になってきています。
高機能な自動車なだけに、カメラ、センサー、エンジン等々が一部故障するだけで、全体の基盤や部品を交換する必要がでてきますので、修理交換費用は数十万という場合も多いです。
今の車は故障したら、その部品一式をごっそり交換する「ブレイクメンテナンス(修理せず部品の交換がメイン)」が一般的ですので、どこかの機能が故障、経年劣化すると修理費用がすぐに高くなる傾向です。

 

  維持費用 概算の費用
自動車ローン 毎月 平均で約4万円/月
ガソリン代 毎月(随時) 平均で約1万5千円/月
駐車場代 毎月 平均で約1万円/月
自動車税 毎年 普通自動車 3万7千円
自動車保険 毎年又は毎月 平均で約3.5万円/年
車検 新車購入3年後/2年おき 平均で約15万円/車検一回

 

↑コチラの必ず車の維持管理にかかる費用以外にも定期的なタイヤ交換、エンジンオイル交換、クーラーガス、カーナビデータの更新、各種部品交換が発生します。
※車のパワーウインド、自動開閉できるスライドドアも数年で故障しやすいです。非常に高額で10万前後する場合もあります。

 

また、自損事故、自宅等で軽くぶつける、凹む、ライトが割れるなど予期せぬ小さい故障、破損も多いですね。以上のようにマイカーを維持管理するには非常にお金がかかり、年々車の維持管理の出費は増える傾向にあるんです(-_-;)

 

私も2台あったマイカーの一台を手放しましたよ!家計もラクになり、車の維持費が浮いた分を貯金できるようになりました♪

 


⇒ 【要チェック】査定額がこんなに違う・・・無料一括査定見積もりが最大10社分チェックできます!

 

↑車を売ったお金で電動自転車も購入してもらいました(・∀・)

 

 

家計が苦しい場合は早めに高く車は売却すべき

 

家計が苦しい、借金や債務やローンを抱えている状況で各種支払いが苦しいという方は、できるだけ早めに高く車は売却すべきです。
車は家計の中でも最も大きい出費となっています。う家計の三大出費(住宅、教育、車)の中で毎月、毎年の維持費用が高く、資産としての価値がなくなっていくのが自動車です。(人気の高い高級外車以外はすべて贅沢品で資産の価値がなく、すぐに価値が落ちていきます。)

 

車のローン、ガソリン、自動車保険、車検、定期的なオイル交換、メンテナンス、駐車場代。。。更に車があることでの子どものスポーツクラブや部活での子供たちの送り迎えやお出かけなどの時間とお金と労力は・・・ある意味計り知れません。
特に現在、家計の維持が苦しい方にとって、住宅(家賃、住宅ローン)、子どもの学費は絶対に必要な出費ですが、車は絶対に必要とは言いがたいですね。ですので、もし家計が苦しい場合は一番最初に、マイカー、車を売却しましょう。

 

↓車を売るなら最低でも3社以上の買取会社で比較しましょう↓
大事な車をせっかく売るんです。できるだけ、高く車売りましょう!
絶対に、一円でも高く、丁寧に引き取ってくれる査定会社を選びましょう!!

 

・ズバット車買取比較
大手を含む 100社以上の車買取業者から、厳選8社に一括で査定依頼ができるので手軽なオークション感覚で一番高い買取業者が選べます。急ぎならコチラでまず査定してみてください。

 

・エイチーム・かんたん車査定ガイド
簡単な車情報の入力だけで、最大10社に一括で見積もり!ボタン一つであなたの中古車の最高額が分かります!ラジオCMでも有名ですね。

 

・愛車を高く売る!楽天一括査定
大手から地域の車買取会社からすぐに見積もりをもらえます。楽天ポイントがもらえるので、楽天市場での日用品の買い物にも使えます♪

 

 

車の維持費が今だけ払えない方

自動車税や自動車保険、車検のお金の支払いが給料日まで厳しい・・・、車の費用は払いたいけどお金が足りないという方は、お金を借りて支払うしかないです。。
自動車税は滞納金が発生しますし、自動車保険の未払いは、もしものことを考えると恐ろしくて・・・。
更に、車検を受けていない車に乗っていると犯罪です。

 

車の維持管理の費用は、まとまったお金が必要になります。できるだけ事前に工面しておきましょう。

 


>> 大手キャッシング会社の融資条件等を比較できます

 

キャッシング等で借りる場合は、大手のキャッシング会社が安心で低金利です。また、過去の過払い金等の問題からコンプライアンス等はかつてないほどしっかりしています。まずは大手キャッシング会社から速やかにお金を借りるというのも一つの手段ですね。間違えても闇金融等からお金を借りないようにしてください。また親族友人知人からの借金も信頼を失うということになりがちですので、最終的な手段にしておいたほうが良いと思いますね。

 

借金の支払いが多く、車の維持が今後は難しいかもしれないという方

車の維持管理にかかる費用がもったいない、高すぎると考えているなら一旦車を手放して家計の支払いを一時的にでもラクにするという選択をしてください。

 

家計や家族の生活を犠牲にしてまで自動車、マイカーを所有し続けると家計が破綻します。
年間で必要になる自動車の維持管理費用を支払えないという方は早めに自動車、マイカーを高く売却しましょう。

 

車の維持だけでなく、家計そのものが苦しい、借金やローンが多いという方

病気、怪我、入院、急な出費などで家計が苦しい、貯金がない、家族の借金返済がある、給与が下がってローンが払えないという状況の場合、車は一番早く手放しておきたいところです。

 

が、家計全体で借金やローンの支払いが苦しいままになる、車を売却しても車のローンが残ってしまう、各種支払いが重なって家計が苦しいという場合もあります。
このまま借金地獄につきすすみたくない、家計の破綻が止められないかもしれない・・・という方は一度、借金問題、返済についてのアドバイスが貰える相談無料の法律事務所を活用してみてください。

 

↓24時間365日全国相談無料の弁護士事務所「弁護士法人サンク総合法律事務所(旧:樋口総合法律事務所)」

 

>> 弁護士法人サンク総合法律事務所(旧:樋口総合法律事務所)の無料相談窓口はコチラ

 

ネットですべて連絡、依頼ができます。時間がない方、債務整理のプロ弁護士に無料相談したい方はコチラがオススメです。
※お住まい近くの近くの法律事務所、弁護士が債務整理問題に得意とは限りませんのでご注意ください。

 

↑車の維持費のみでなく、家計そのものが苦しい場合、ローン等で毎月の生活も厳しいという場合でも、車を残すという選択肢を提示しながら、法に基づいて対応することも可能です。
相談は無料です。

 

早めに連絡をして、心配なことや不安なことを相談してみてください。きっと何かのヒントを頂けます。

 

 

車を所有するよりもシェアの方が便利でお得

都心部、高齢者の方は車の所有の必要性がもうなくなってきている・・・ということになっています。
便利で低燃費になった今の車は・・・所有するよりも、レンタルしたり、シェアしたりする時代になっています。

 

 

10代、20代、30代の方も地方都市で毎日車で移動するという方以外は車を手放しして、必要に応じてカーシェアリング、レンタカー、ライドシェアを利用したりしています。車を所有することがステイタス、幸せという時代ではもうなくなり、必要に応じて車を借りたり、ちょっと使うという時代になっています。

 

必要に応じて車をレンタルしたり、カーシェアリングで借りたり、タクシーやライドシェアで移動をするという時代も当たり前になりましたので、わざわざ維持費が高い自動車を所有するという選択肢を排除しても良いかもしれませんね!

 

日本全国で使えるカーシェアリングはコチラ↓


⇒ ご自宅の近くにあるカーシェアステーション(タイムズカープラス)はコチラで検索できます。

 

24時間365日、使いたいときにネットで簡単予約です。全国の主要都市に約16,000台あるクルマを15分単位で利用できるのでとても便利ですね。
旅行などで車を使いたい方やちょっとした用事で車にノリたい方はカーシェアリングが便利です。レンタカーのように長時間、一日単位でなく短時間でも利用できるので便利です。
ちなみに、ガソンリン代も保険料も利用料金に含まれているので安心です。

 

日本で活用できるライドシェアのアプリはコチラ↓

同じ目的地、同じ趣味の人の車とマッチングし、相乗りできます!スマホサイトを利用したシェアサービスは増えていますが、相乗りをメインにしたライドシェアは世界中で拡がっています。
日本でも同様なサービスは増えていくと思います!
無理に車を所有するよりも、お得で便利ですよね。本人確認をしているので、安全にライドシェアできます。
⇒ 相乗り相手が見つかる国内最大ライドシェアサービス「notteco」

 

 

 

 

自動運転ができる自動車がやってくる

今後の自動車は完全自動運転に対応した未来に進んでいくようです。
空を飛ぶ自動車も開発されていますが・・・。

 

 

大手自動車メーカー、IT業界大手は自動車製造のノウハウ、情報制御、ビッグデーターの活用により進化した究極の形の自動運転自動車を独自に開発していますが、今後は業界も集約されていき、そう遠くない未来に完全自動運転による自動車の運転が可能になりそうです。

 

そうなった場合・・・バス、タクシー、民間のライドシェア等が普通になり、個人が自動車を所有するということがほぼなくなるか、所有しても自分でほとんど運転することがない自動車になっているということになりそうですね。